代表挨拶



 平素より東京金融取引所をお引き立て頂き、誠にありがとうございます。社長の木下信行より、ご挨拶を申し上げます。

 東京金融取引所は、金融の自由化に伴うリスク管理の場として、1989年に設立されました。以来、わが国の金融市場インフラとして、ユーロ円3ヵ月金利先物を中心に、透明で信頼性の高い金融取引の手段を提供するよう努めてきたほか、2005年には取引所為替証拠金取引、2010年には取引所株価指数証拠金取引を開始するなど、内外投資家のニーズに応え、魅力ある投資商品の上場にも取り組んできました。

 東京金融取引所は、取引やシステムを24時間体制で監視するとともに、世界標準に沿ったリスク管理や清算決済、独立した自主規制機能により、投資家の皆様に安心して利用していただける体制を整備しています。当取引所としては、こうした基盤の上で、提供するサービスの一層の向上に向けて、役職員一人ひとりが誠心誠意取り組んでまいります。


 今後とも、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年9月
株式会社東京金融取引所
代表取締役社長
木下 信行

pagetop