取引システムについて

取引システムについて

1.取引システム

金融取は、2014年2月3日、金利先物等取引にかかる取引所システム(取引システム・清算システム・相場情報システム)を更改しました。新取引システムでは、接続形式に証券電子取引の標準仕様として認知・使用されているFIXプロトコルを採用しています。取引参加者は、新取引システムが対応するストラテジーや多彩な条件を用いて、ユーロ円3ヵ月金利先物等の商品を取引することが可能です。

2.フロントエンドシステム

ユーロ円3ヵ月金利先物等商品の取引用ツール(フロントエンドシステム)として、(1).TFX取引ソフトウェア、(2).取引参加者自ら(自社開発)または(3).ISV(Independent Software Vendors)が開発したフロントエンドシステムを利用することが可能です。

  1. TFX取引ソフトウェア(対象:取引参加者)
    金融取では取引参加者に対し、金融取が開発したフロントエンドシステム:TFX取引ソフトウェア“TFX Trade-i”を提供しています。TFX Trade-iの利用には、各種契約書の締結のほか、金融取の指定する接続回線の敷設等の準備が必要です。
  2. 自社開発・委託開発のフロントエンドシステム
    取引参加者は、自社もしくは第三者に委託し開発したフロントエンドシステムを利用することが可能です。取引参加者は、金融取とシステム開発に関する各種契約書を締結の上、金融取の指定する接続回線の敷設等の準備が必要です。
  3. ISV開発のフロントエンドシステム
    取引参加者は、金融取に登録するISV(登録ISV)が開発したフロントエンドシステムを利用することが可能です。登録ISVの利用には、各種契約書の締 結に加え、金融取の指定する接続回線の敷設等の準備が必要です(ISVのホスティングサービス*を利用する際に必要となる設備は、各ISVにより異なりま す)。

登録ISVについては、ISV/サブコントラクター一覧をご参照ください。
*ホスティングサービス:ISV等システムベンダーのサービスの一つ。市場への接続回線・機器及びフロントエンドシステムを管理運用し、取引参加者に提供する。

開発情報・手順(フロントエンドシステム)

1.自社開発

取引参加者は、(1).自社にて、または(2).第三者(サブコントラクター)に委託し、自身のビジネスモデル、ニーズに対応するフロントエンドシステムを開発し、利用することができます。
(1)、(2)、いずれの場合も、取引参加者が金融取とフロンエンドシステムの開発に関する諸契約を締結します。また開発したフロントエンドシステムは、取引参加者自身が、金融取のダミー環境にてコンフォーマンステスト及びマーケット・エントリーテストを行います。

尚、サブコントラクターに開発を委託する際は、別途、機密情報開示に関する申請が必要です。

2.ISV

ISVのフロントエンドシステムを利用して取引に参加することを希望する取引参加者は、当該ISVに直接ご相談ください。現在取引所との接続実績があるISVについては、下記ISV業者一覧をご参照ください。 新たに取引所への接続を希望されるシステムベンダーは、取引所と開発契約を締結し、フロントエンドシステムの開発を行っていただきます。 所要の手続きを済ませたシステムベンダーは、ご希望により本ホームページのISV一覧に社名等を掲載します。開発手順の概要は下記をご参照ください。

pagetop