バックシステム開発手順(自社開発)

1.契約

バックシステムの開発を始めるにあたり、取引参加者は金融取と各種契約書を締結します。

2.開発

(1)開発資料の交付

開発に必要となる資料を交付致します。

開発に必要となる下記を含む資料を交付致します。

  • CLIP接続仕様書 等

*CLIP:CLEARING INTERFACE PROTOCOL 取引参加者のバックシステムと本取引所の清算システムとの接続機能

(2)システム開発の開始

3.ダミー環境への接続(必要機器・回線の準備)

金融取の提供するダミー環境においてコンフォーマンステストを行うための、以下を含む準備を行います。

  • arrownet v2.0ネットワークの敷設・利用申込
  • ダミー環境の利用申請

5.コンフォーマンステストの実施

システム開発終了後、コンフォーマンステストを実施します。
コンフォーマンステスト完了後、TFXからISVへ終了通知を行います。 これにより、取引参加者が当該システムを利用する場合に、コンフォーマンステストが不要となります。尚、ホスティングサービスの提供を行う場合は、当該サービスのための本番環境への接続構築が必要です。

※ 取引参加者は、自身で、もしくは第三者に委託してバックシステムを開発することが可能です。第三者(サブコントラクター)に開発を委託する場合も、本開 発にかかる契約、申請、また問合せ等は金融取と取引参加者間で行います(金融取からサブコントラクターへ直接の情報提供・問合せの受付等は行いません)。

pagetop