ISVによる開発手順(バックシステム)

1. 申込

(1) 打ち合わせ

お申込にあたり、金融取にて打ち合わせを執り行います。この場にて、会社概要や提供可能なサービス、ビジネスプラン等についてご説明いただきます。
金融取からは、登録手順等につきご説明いたします。
打ち合わせの設定及びご質問は、金利市場営業部金利市場営業グループまでご連絡下さい。

(2) 申込書類の提出

  • 会社情報
  • 基本財務諸表
  • 会社の実績、ビジネスプラン等を示した資料等

2.契約

システム開発を開始するにあたり、金融取と各種契約書を締結します。

3.開発

(1)開発資料の交付

開発に必要となる資料を交付致します。

開発に必要となる下記を含む資料を交付致します。

  • CLIP接続仕様書 等

*CLIP:CLEARING INTERFACE PROTOCOL 取引参加者のバックシステムと本取引所の清算システムとの接続機能

(2)システム開発の開始

4.ダミー環境への接続(必要機器・回線の準備)

金融取の提供するダミー環境においてコンフォーマンステストを行うための、以下を含む準備を行います。

  • arrownet v2.0ネットワークの敷設・利用申込
  • ダミー環境の利用申請

5.コンフォーマンステストの実施

システム開発終了後、ダミー環境にてコンフォーマンステストを実施します。
コンフォーマンステスト完了後、TFXからISVへ終了通知を行います。
これにより、取引参加者が当該システムを利用する場合に、コンフォーマンステストが不要となります。

pagetop