プライバシーポリシーについて

株式会社東京金融取引所(以下、本取引所といいます。)は、その事業を行うにあたり、個人情報の適切な保護と利用に関する取扱いの基本方針(プライバシーポリシー)を制定し、公表します。

1.取組方針

個人情報の適切な保護と利用に関し、関係法令等に加え、本プライバシーポリシーに定めた事項を遵守し、個人情報の適切な保護と利用に努めるとともに、情報通信技術の進展に適切に対応するため、管理体制やその取組みについて、必要に応じて見直す等、継続的な改善に努めます。

2.適正な取得・利用・提供

  1. 業務上必要な範囲で、適正かつ適法な手段により個人情報を取得します。
  2. 利用にあたっては、法令に基づく場合等を除き、利用目的の達成に必要な範囲で利用します。
  3. 取得した個人データを第三者に提供する場合および共同利用する場合は、法令に基づく場合等を除き、あらかじめご本人の同意を得ます。
  4. 機微(センシティブ)情報については、法令に基づく場合等を除き、取得・利用・第三者提供等を行いません。

3.利用目的の公表

個人情報を取得する際には、予めその利用目的を公表している場合を除き、利用目的を特定し、当該利用目的の公表、通知又は明示を行います。

4.自主規制業務に伴う個人情報の取得、利用

本取引所は、取引所金融商品市場の公正な価格形成と円滑な清算決済の確保及び投資者保護を図るための業務(以下、自主規制業務といいます。)の遂行のために、金融商品取引法に基づき、定款等諸規則を定め、取引参加者(清算参加者を含む、以下同じ。)等に対して個人情報に該当する事項を含む必要な報告、資料の提出を求めています。これらの場合は、第3項の規定にかかわらず、利用目的の公表、通知又は明示は行わないことがあります。

自主規制業務に関して取得した個人情報については、当該自主規制業務の目的の範囲で利用し、また、他の自主規制機関(認可金融商品取引業協会又はこれらに相当する内外の団体を含みます。)からの情報提供の要請があった場合において、本取引所が当該要請に応じることが相当と認めるときには、第2項の規定にかかわらず、当該他の自主規制機関に提供することがあります。

5.安全管理措置

個人情報の漏洩、滅失、毀損などを防止するため適切かつ継続的に安全管理措置を講じます。また、役職員等に対して適切な教育を行うとともに、個人情報を委託する場合には、委託先を適切に監督します。

6.個人情報の開示等

ご本人又はご本人から委任を受けた方から保有する個人情報に係る開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止・消去、第三者への提供の停止、個人情報の利用 目的の通知のご請求が本取引所の定める方法により行われた場合には、法令の定めるところに従い、誠実に対応します。具体的な請求の方法は、「開示請求等のお手続き」をご参照ください。

7.問合せ対応

個人情報の取扱いに関する質問、苦情等に対応するために対応方法を整備し、迅速で誠実な対応に努めます。具体的な問合せ方法は「お問い合せ」をご参照ください。

pagetop