清算資格について

清算参加者とは

清算参加者とは、清算資格を有し、清算機関である東京金融取引所(以下、「金融取」といいます)が行う金融商品債務引受業の相手方となる参加者のことです。
金融取は、金融取の市場で成立した市場デリバティブ取引(金融取の上場商品)について、取引の売り手と買い手の双方の清算参加者から債務を引き受けることによって、清算参加者間(下図、取引参加者Aと、指定清算参加者C)の債権債務関係を、清算機関と清算参加者の債権債務関係に置き換えます。
そのことにより、金融取は、清算参加者との間で、資金決済や、証拠金の授受を行います。

銀行、証券会社、系統金融機関、わが国に拠点を持つ外国銀行、外国証券会社のうち、所定の財務要件等を満たす参加者が清算参加者となっています。
金融取が取引の相手方になっており、また清算参加者が取引所の債務の履行について責任を負っているため、金融取における市場デリバティブ取引では、店頭取引等の相対取引で問題となるカウンターパーティーリスク(取引相手の信用リスク)が大幅に軽減されることになります。

清算の受託について

清算参加者は、取引参加者の取引に係る清算を受託することができます。具体的には、清算資格を有さない取引参加者(上図、取引参加者B)が行った取引について、その取引参加者に代わって金融取と直接債権債務関係を有し、金融取と資金決済や証拠金の授受を行います。
清算の受託を行うことで、清算参加者は、取引参加者より清算委託手数料を得る等、新たな手数料ビジネスの展開が可能となります。清算の受託を行う場合、清算参加者は、取引参加者と「清算委託契約」を締結し、その取引参加者の「指定清算参加者」となります。

清算参加者の主な業務

  • 金融取の市場で成立した市場デリバティブ取引について、金融取との間で、資金決済や証拠金等の授受を行います。
  • 他の取引参加者の指定清算参加者となっている場合、その取引参加者に代わって、金融取との間で資金決済や証拠金等の授受を行います。

清算参加者になるためには

清算資格取得の流れ

  1. 金融取に清算資格の取得手続きについて、お問い合わせください。金融取より、清算資格取得に関する要件や手続き方法、清算を行う際に必要なシステム環境等をご案内いたします。
  2. 清算資格取得申請書を提出します。まだ取引資格を取得していない場合は、同時に取引資格取得申請書を提出します。
  3. 金融取は、所定の資格取得要件に基づき審査します。

    清算資格の要件
    • 日本に拠点のある法人であること。
    • 市場デリバティブ取引を行うことができる人的インフラがあること。
    • 財務状況が良好なこと。
    詳細は 業務方法書 第5条をご覧ください。

清算資格取得が承認された後、所定の手続き(システム対応、資格取得料納入等)を経て、金融取市場で清算が可能となります。

清算参加者になるための所要コスト

清算参加者になるための所要コスト、預託金については取引資格取得料及び手数料等に関する規則をご覧ください。

pagetop